白い巨塔の歴代キャスト比較!全シリーズはどこで見られる?

白い巨塔キャスト ドラマ

医療ドラマ好きの私にとって「白い巨塔」は、昭和から令和へと受け継がれていく不朽の名作といっても過言ではありません。

今回は、日本で公開された6シリーズ全ての「キャスト」「視聴できる動画配信サービス」についてご紹介します。

どのシリーズも、その時代の名優さんぞろい!「へ~、こんな人出てたんだ~」という発見があるかもしれませんよ。

ネットで借りて、ポストへ返す。TSUTAYA DISCAS

白い巨塔ストーリー

財前五郎は浪速大学第一外科の助教授。

教授の席を虎視眈々と狙っているが、現教授の東貞蔵は財前の配慮に欠ける日々の言動を見て、教授に推薦することをためらっている。

しかし、医師会の重鎮である義父の力添えもあり、あの手この手で教授の座を手中に治める。

自分の将来に甘んじて、すっかり医師としての使命をおろそかしていた矢先、胃がんの手術を執刀した佐々木庸平が急死する。

遺族からは誤診だとして訴えられるが、金と地位を盾に一審では勝訴。その後、弁護士の執念により二審では敗訴。

その結果に納得できず「上告する!」と息巻いたものの、その場で倒れ意識を失ってしまう。

検査の結果は「食道がん」。

当初は、切除で根治が可能だろうという理由で本人には告知されていなかったが、実際に開腹してみると、もはや手の施しようがない進行ガンであり、余命いくばくもないことがわかる。

消化器外科の医師である財前がそれに気づかないわけはなく、長年の親友でもあり自分を敗訴に導いた、第一内科の助教授である里見脩二に苦しい胸の内を明かす。

最後は昏睡状態にありながらも、うわ言で本当は自分の誤診で患者を死なせてしまったことを悔みながら医師としての一生を終える。

※シリーズによって病名は異なります

主な登場人物

役名役柄人物像
財前 五郎
(ざいぜん ごろう)
浪速なにわ大学第一外科助教授野心はあるが本当は親思いで優しい人柄
財前 杏子
(ざいぜん きょうこ)
財前の妻世間知らずのお嬢様
里見 脩二
(さとみ しゅうじ)
浪速大学第一内科助教授五郎が唯一心を開いていた友人
里見 三知代
(さとみ みちよ)
里見の妻夫を支える献身的で控えめな妻
花森 ケイ子
(はなもり けいこ)
バーのホステス。五郎の愛人自身も医大中退の経歴をもつ
東 貞蔵
(あずま ていぞう)
浪速大学第一外科教授大学での恩師
東 政子
(あずま まさこ)
東貞蔵の妻教授退官後の天下り先を心配している
東 佐枝子
(あずま さえこ)
東貞蔵の娘里見に尊敬以上の気持ちを抱いている
鵜飼(うがい)教授 浪速大学第一内科教授・医学部長学内政治力を持つしたたかな人物
野坂(のさか)教授
※2019版は脳外科の女性医師
浪速大学整形外科部長財前とは犬猿の仲
大河内(おおこうち)教授浪速大学病理学科教授財前の亡骸を解剖した病理学の重鎮
柳原 弘(やなぎはら ひろし)
※2019年版は柳原 雅博
浪速大学第一外科医局員財前の誤診を一部始終見ていた真面目な青年医師
佃 友博
(つくだ ともひろ)
浪速大学第一外科講師財前のために医局内の意思統一をはかり財前を教授に押し上げた
船尾(ふなお)教授東都大学医学部第二外科教授菊川を推薦した人物。厚生省にも顔が利き医学会を牛耳る一人
菊川 昇
(きくかわ のぼる)
教授選立候補者財前の対抗馬として東教授が用意した医師
亀山 君子
(かめやまきみこ)
浪速大学第一外科病棟婦長誤診の真相を知る人物。柳原を影から応援している
財前 又一
(ざいぜん またいち)
財前マタニティクリニック院長五郎の舅。娘婿をとても可愛がっている
佐々木 庸平
(ささき ようへい)
誤診された患者小さなお弁当屋を経営している
佐々木 よし江
(ささき よしえ)
佐々木庸平の妻息子と力を合わせて誤診の真相を暴く決意をする
佐々木 庸一
(ささき よういち)
佐々木庸平の息子母親を支えていく覚悟を決める
関口 仁
(せきぐち ひとし)
原告側弁護士関口法律事務所所長。損得勘定抜きで裁判での勝訴を誓う
国平 敏男
(くにひら としお)
被告側の弁護士数々の医療訴訟を手掛ける切れ者

白い巨塔の歴代キャスト

白い巨塔はこれまでに日本で6回、韓国で1回放映されていますが、大きく分けると「昭和の田宮版、平成の唐沢版、令和の岡田版」のように認知されています。

1966年9月15日公開 劇場版

「白い巨塔」が初めて映像化されたのは「映画」でした。物語は裁判の第一審と里見の辞職までで完結しています。

この映画は、シリーズ中で最も高い評価を受け、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞、モスクワ国際映画祭で受賞。現在はお亡くなりになっている方も多いですが、戦前戦後の大スター揃いの作品です。

役名キャスト代表作
エピソード
財前 五郎田宮二郎「白い影」
「白い滑走路」
財前 杏子長谷川待子「ザ・ガードマン」
「夜の診察室」
里見 脩二 田村高廣田村正和さんの兄
里見 三知代白井玲子「女体」
花森 ケイ子小川真由美「アイフル大作戦」
「八つ墓村」
東 貞蔵 東野英治郎「水戸黄門」
東 政子岸輝子「森は生きている」
東 佐枝子藤村志保「マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜」
「ハンチョウ神南署安積班」
鵜飼 良一小沢栄太郎「砂の器(1977)」
野坂加藤武「ダイヤル110番」
「日本沈没」
大河内 清作加藤嘉「白い波紋」
「非情のライセンス」
「大江戸捜査網」
柳原 弘竹村洋介「惑星大戦争」
佃 友博高原駿雄「積木くずし」
船尾 巌滝沢修
菊川 昇船越英二船越英一郎の父
「時間ですよ」
「熱中時代」
亀山 君子岡崎夏子「夜の罠」
財前 又一石山健二郎「潮騒」
佐々木 庸平南方伸夫「にせ刑事」
佐々木 よし江村田扶実子「細雪」
佐々木 庸一
関口 仁鈴木瑞穂「神様のカルテ2」
「新幹線をつくった男たち」
「課長 島耕作」
船越英一郎さんの父
田村正和さんの兄

1967年4月8日~7月1日、1967年7月7日~9月29日公開 全26話

「白い巨塔」初のテレビドラマ版で、当時は「白黒テレビ」でした。

役名キャスト代表作
エピソード
財前 五郎佐藤慶「カイジ人生逆転ゲーム」
「華麗なる一族」
財前 杏子瞳麗子「人間の条件」
里見 脩二 根上淳「ザ・ガードマン」
「キイハンター」
里見 三知代
花森 ケイ子寺田史「激流」
東 貞蔵 山形勲「華麗なる一族」
「不毛地帯」
東 政子小暮実千代「遠山の金さん捕物帳」
「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」
東 佐枝子村松英子「悪魔が来りて笛を吹く」
鵜飼 良一河津清三郎「風立ちぬ」
野坂武藤英司「映画・あしたのジョー」
大河内 清作佐々木孝丸「けものみち」
柳原 弘田川恒夫「昭和残侠伝」
佃 友博久野四郎「ダイヤモンド・アイ」
船尾 徹中村伸郎「悪魔の手毬唄」
菊川 昇南原宏治「ゼロの焦点」
財前 又一内田朝雄 「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ」
佐々木 庸平田武謙三「マルサの女2」
「けものみち」
佐々木 よし江田中筆子「ひめゆりの塔」
「白い影」(1967)
佐々木 庸一
関口 仁渥美国泰オレたちひょうきん族の「タケちゃんマン」
「砂の器(1991)」
「太陽にほえろ! 」

1978年6月3日~1979年1月6日公開  全31話

田宮二郎を語らずして「白い巨塔」は語れない、と日本中に言わしめた作品です。

田宮二郎さんは、この作品のためにカエルを使って手術の練習をしたり、ラストシーンの3日間は絶食してがん患者になりきるなど、この作品に賭ける想いは並大抵ではなかったといいます。

最後に五郎の亡骸がストレッチャーで運ばれるシーンでは、顔に白い布が掛けられながらもその下で嗚咽していたという伝説も。

その努力とは裏腹に借金問題や双極性障害にも悩まされており、ドラマ放映を2話残した1978年(昭和53年)12月28日、自宅寝室で猟銃自殺を図っています。

その衝撃的なニュースによって残り2話の視聴率が急上昇した上に、死因は違えどラストシーンでも亡くなるというエピソードが重なったことで、多くの人の心に残る作品となりました。

役名キャスト代表作
エピソード
財前 五郎田宮二郎「白い影」
「白い滑走路」
財前 杏子生田悦子「欽ドン!」の「良いOL、悪いOL、普通のOL」で良いOL役
「いい湯だな全員集合!!」
里見 脩二 山本學「白い影」(中居正広)
「白い影スペシャル」
「下町ロケット」
里見 三知代上村香子「俺たちの旅」
花森 ケイ子太地喜和子事故で47才の若さで没
東 貞蔵 中村伸郎「NHK大河ドラマ」
「だいこんの花」
東 政子東恵美子「逃亡者」
「霧の旗」
東 佐枝子島田陽子「犬神家の一族」
「続・氷点」
鵜飼 良一小沢栄太郎「悪魔が来りて笛を吹く」
野坂小松方正「熱中時代」
大河内 清作加藤嘉「白い波紋」
「非情のライセンス」
「大江戸捜査網」
柳原 弘高橋長英「ねこタクシー」
「それでもぼくはやってない」
佃 友博河原崎長一郎「3年B組金八先生」
「太陽にほえろ」
船尾 隆佐分利信「悪霊島」
「陽のあたる坂道」
菊川 昇米倉斉加年俳優・演出家・絵本作家・絵師
「男はつらいよ」
「学校の怪談」
亀山 君子松本典子「君は海を見たか」
財前 又一曽我廼家明蝶「非情のライセンス」
「不毛地帯」
佐々木 庸平谷幹一俳優・コメディアン。愛称「タニカン」
佐々木 よし江中村玉緒勝新太郎の妻
佐々木 庸一中島久之「3年B組金八先生」
「スチュワーデス物語 」
関口 仁児玉清「パネルクイズアタック25」司会者
「コード・ブルー1st・2nd」
国平 敏男小林昭二「ウルトラマン」の隊長
真ん中「生田悦子」さん、左は「松居直美」さん!

田宮二郎さんを偲ぶ

本名、柴田吾郎(しばたごろう)。大映の看板俳優として活躍し、1965年の「白い巨塔」の財前五郎役で名を轟かせる。

そのことですっかり天狗になった田宮さんは映画界から完全に干されることになり、生活のため舞台俳優・司会者・歌手として地方巡業もしていた。

俳優の傍ら実業家への野心も強く、「白い巨塔」の収録中に、たちの悪い相手と頻繁に資金取引の電話をしていたという証言もある。

その結果、多額の借金をかかえた上に大映時代の過労がたたり結核が再発。ペニシリン注射を打ちながら撮影を続けるうちに躁うつ病を発症。

「白い巨塔」の撮影が終了し、放映が残り2話となっていた1978年12月28日、クレー射撃用散弾銃で自死。妻・2人の息子達・家庭教師・奈良岡朋子・鬼沢慶一宛の遺書が8通残されていた。

妻宛ての遺書には感謝の言葉や子どもたちを頼みますの言葉と共に、生きることの苦しみと死への恐怖が綴られ、「病で倒れたと思って諦めて欲しい」、「43才まで生きて、適当に花も咲いて、これ以上の倖せはない」と書かれていた。

俳優を志していた次男の田宮五郎へは「俳優になるなら人間を知ってから」との言葉を遺した。

原作者の山崎豊子さんは、田宮の自死を聞くやいなや「猟銃でしょう?」と言ったという。なぜなら田宮が出演した「華麗なる一族」の主人公も猟銃自殺だったから。

その後、次男の田宮五郎さんは俳優デビューするも、くも膜下出血で47歳という若さで逝去。当時熱愛中だった浅野ゆう子さんに看取られたと言われています。

お父さんが43才、息子さんが47才で亡くなるなんて神様のいたずらとしか思えません..

最愛の子供たち
\ 田宮二郎主演「白い影」はこちらから /

1990年4月2日・3日公開 2夜連続

このシリーズは、

第1話:月曜 20:02 – 22:24 (1990年4月2日)
第2話:火曜 20:02 – 22:24 (1990年4月3日)

に公開されました。

五郎役には、当時、必殺仕事人シリーズで人気急上昇中だった村上弘明さんを抜擢。村上さんは芸能界に入る前、東北大学医学部を目指していたそうです。

また、柳原役(財前に不利な証言をして大学を追われる外科医)に、堤真一さんが登場。おそらく最初の医者役でしょう。

役名キャスト代表作
エピソード
財前 五郎村上弘明「必殺仕事人シリーズ」
「仮面ライダー」
財前 杏子高橋ひとみ「准教授・高槻彰良の推察」
「Nsあおい」
里見 脩二 平田満「タクシードライバーの推理日誌」「蒲田行進曲」
里見 三知代石井めぐみ「金田一耕助の冒険」
花森 ケイ子池上季実子「男女7人夏物語」
「極道の妻たち」
東 貞蔵 二谷英明二谷友里恵(郷ひろみの元妻)の父
東 政子
東 佐枝子紺野美沙子「氷点」
「二十四の瞳」
「阿修羅のごとく」
鵜飼 良一丹波哲郎「キイハンター」
「砂の器」
野坂中尾彬「使命と魂のリミット」
「BG〜身辺警護人〜」 
大河内 清作下元勉「二十四の瞳」
柳原 弘堤真一「孤高のメス」
ザ・ドクター
「妻、小学生になる。」
佃 友博斉藤洋介「臨場」
「サラリーマン金太郎」
船尾 徹藤田敏八映画監督・脚本家・俳優
「四季・奈津子」
菊川 昇有川博声優・ナレーター
「またまたあぶない刑事」
亀山 君子小鹿みき「ひとひらの雪」
「中学生日記」
財前 又一藤岡琢也「座頭市」
「HOTEL」
佐々木 庸平小鹿番「高原へいらっしゃい」
佐々木 よし江坂本スミ子歌手・俳優
「コメットさん」
佐々木 庸一
関口 仁江藤潤「火垂るの墓」
「警視庁捜査一課9係」

「白い巨塔」村上バージョンは、公益財団法人 放送番組センター内「放送ライブラリー」で視聴できます。

2003年10月9日~2004年3月18日公開  全21話

「白い巨塔」全シリーズの中でランキングをつけるなら、個人的には「唐沢シリーズ」がNo.1。

この世に星の数ほどある医療ドラマの中でも、他の作品と比較するのが恐れ多いほどの名作だと思います。

財前が亡くなる最終回は、平成のドラマとしては驚異的な32.1%、特に関西地区の視聴率はこの年のNHK紅白歌合戦の視聴率(第2部、38.6%)を上回ったとか。

当時はまだ知らない人も多かった「高畑淳子」さんは、このドラマが出世作。

伊藤英明さんも「海猿」のたくましさとは違う、優しくてちょっと小心者の柳原役がぴったりでしたよね。

それにしても唐沢シリーズは、医師役で出演しているキャストがなんと多いことか!

役名キャスト代表作
エピソード
財前 五郎唐沢寿明がん消滅の罠
「あまんじゃく」
財前 杏子若村麻由美科捜研の女
里見 脩二 江口洋介「救命病棟24時」森高千里の夫
里見 三知代水野真紀夫は衆議院議員の後藤田正純氏 「家なき子」
「HOTELシリーズ」
亀山 君子西田尚美「相棒」
「半沢直樹」
「にじいろカルテ」
花森 ケイ子黒木瞳産科医・和泉凛-生と死のカルテ
東 貞蔵 石坂浩二「ドクターホワイト」
東 政子高畑淳子「IP~サイバー捜査班」
「3年B組金八先生ファイナル」
東 佐枝子矢田亜希子「らせん」
「やまとなでしこ」
鵜飼 良一伊武雅刀「アンナチュラル」
野坂耕一郎山上賢治「閉鎖病棟」
「泣くな研修医」
大河内 清作品川徹「沈まぬ太陽」
「相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」
柳原 弘伊藤英明「海猿」
「救命病棟24時」
「無痛~診える眼~」
佃 友博片岡孝太郎歌舞伎役者
「相棒 season20」
船尾 悟中原丈雄「ブラッディ・マンディ」
「遺留捜査第7シリーズ」
菊川 昇沢村一樹「DOCTORS~最強の名医~」
「ナイト・ドクター」
財前 又一西田敏行「池中玄太80キロ」
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
佐々木 庸平田山涼成「西部警察SPECIAL」
佐々木 よし江かたせ梨乃「ドクターカー」
「大江戸捜査網」
「極道の妻たち」
佐々木 庸一中村俊太中村雅俊と五十嵐淳子の息子
2009年芸能界引退
関口 仁上川隆也「遺留捜査」
「君が教えてくれたこと」
「白い影」(中居正広主演)
国平 学文及川光博「がん消滅の罠」
「相棒」
「半沢直樹」

2019年5月22日~5月26日 5夜連続

テレビ朝日開局60周年スペシャルドラマとしてセンセーショナルに登場。「岡田准一」がどんな財前を演じるだろうと期待した人は多かったはずです。

とはいえ、蓋を開けてみれば「期待はずれ」という声が多かったのも事実。

私が思うに「どの人が主役になってもおかしくない」俳優さんばかりも良し悪しだったのでは?と思います。

言うならば前回の「唐沢シリーズ」があまりにも好評だったので見劣りしてしまったのかもしれませんね。

役名キャスト代表作
エピソード
財前 五郎岡田准一「SP」
「永遠のゼロ」
「ザ・ファブル」
財前 杏子夏帆「海街diary」
里見 脩二 松山ケンイチ「デスノート」
「日本沈没 希望のひと」
「平清盛」
里見 三知代水野真紀「家なき子」
「HOTELシリーズ」
花森 ケイ子沢尻エリカ「1リットルの涙」
「猫は抱くもの」
東 貞蔵 寺尾聰「ルビーの指輪」で1981年日本レコード大賞受賞
「失楽園」
東 政子高島礼子「極道の妻たち」
「監察医 篠宮葉月」
東 佐枝子飯豊まりえ「獣電戦隊キョウリュウジャー」
鵜飼松重豊アンナチュラル
「孤独のグルメ」
「サマーレスキュー~天空の診療所~」
「余命10年」
野坂 奈津美市川実日子「小さな巨人」
「アンナチュラル」
大河内岸部一徳俳優・ベーシスト
「その男、凶暴につき」
「アウトレイジ」
柳原 雅博満島真之介満島ひかりの弟
佃 友博八嶋智人「ラジエーションハウス」
船尾 徹椎名桔平「劇場版コード・ブルー」
菊川 昇筒井道隆「ミステリと言う勿れ」
「きらきらひかる」
「王様のレストラン」
亀山 君子美村里江「着信アリ2」
「37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜」
財前 又一小林薫「ねことじいちゃん」
「Dr.コトー診療所」
佐々木 庸平柳葉敏郎「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」
佐々木 よし江岸本加世子「ニューヨーク恋物語」
「おしん」
佐々木 庸一向井康二
(Snow Man)
「特捜9 season5」
関口 仁斎藤工「昼顔」
「最上の命医」
「医師たちの恋愛事情」
国平 幸一郎山崎育三郎「劇場版ラジエーションハウス」
「カイジファイナルゲーム」
「おっさんずラブ」

「白い巨塔」全シリーズはどこで見られる?

「白い巨塔」全シリーズの配信状況は下記のとおりです。(2022年10月調べ)

公開日財前五郎役配信サービス
1966年9月15日 劇場版田宮二郎TSUTAYA DISCAS
1967年4月8日~7月1日
1967年7月7日~9月29日
全26話
佐藤慶公益財団法人 放送番組センター(横浜市)「放送ライブラリー」で一部配信あり
1978年6月3日~1979年1月6日  全31話田宮二郎TSUTAYA DISCAS
1990年4月2日・3日 2夜連続村上弘明公益財団法人 放送番組センター(横浜市)「放送ライブラリー」のみ
2003年10月9日~2004年3月18日 全21話唐沢寿明FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS
2019年5月22日~5月26日
5夜連続
岡田准一配信なし
2007年1月6日~3月11日
韓国版 全20話
キム・ミョンミンTSUTAYA DISCAS

岡田准一バージョンはドラマ終了直後に一時期配信されていましたが、沢尻エリカさんの不祥事により現在は配信されていません。

\ 令和の白い巨塔が見られるのはDVDだけ /

最後に

今回は、日本で公開された「白い巨塔」6シリーズ全ての「歴代キャスト」「視聴できる動画配信サービス」についてご紹介しました。

どんなドラマも演じる俳優さんによって大きく印象が変わるものですが、やはり原点は田宮二郎さんの演技力+自死という衝撃の展開によって人々の心に残り、その面影を唐沢寿明さんが見事に復活させたことで、時代をこえて歴史に残る名作になったのでしょう。

岡田准一さんも味のある演技をしていましたが、実は寂しがりやでどこか弱さのある財前五郎ではなかったと思うのです。

唐沢寿明さん、もしくは田宮二郎さんを越える財前先生はなかなか現れないかもしれませんが、願わくば次のシリーズも見てみたいと思うのは私だけではないでしょう。

合わせて読みたい

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました