「チーム・バチスタ」シリーズの見どころと注目のキャストまとめ

医療ドラマ ドラマ

医療ドラマの走りとなった「チーム・バチスタ」シリーズ。この作品によって我々のような医学の素人でも「バチスタ手術」という最先端の手術がありことを知りました。

世代が変わっても決して古さを感じない「チーム・バチスタシリーズ」。

今回は、ドラマや映画化された全シリーズの見どころと、各シリーズを代表するステキなキャストをまとめてみました。

あなたは、どのシリーズが「推し」ですか?

「チーム・バチスタ」シリーズとは

「チーム・バチスタ」シリーズとは、医療ドラマとミステリーをMIXしたドラマおよび劇場版として製作された映画のことです。

原作は、海堂尊の医療ミステリー小説『田口・白鳥シリーズ』ですが、登場人物やストーリーは原作とは異なる場合も多く、ドラマ独自の謎解きや犯人探しがふんだんに盛り込まれています。

このシリーズは単体で楽しめるのはもちろん、シリーズ全体が一つのストーリーとしてつながっており、全シリーズ見てこそ「チーム・バチスタ」の魅力が存分に味わえるように作られています。

主役

田口公平(伊藤淳史)

東城医大の心療内科医・特別愁訴外来責任者。愛称「グッチー」。血が苦手で外科医を諦めたという過去あり。

優しい性格で愚痴を聞きながら患者の心を開かせていのが得意ですが、反面、人を疑うことができずお人好しで鈍くさい奴と思われることもしばしば。

白鳥(仲村トオル)に出会った頃は、弱点を指摘されて反発していましたが、シリーズが進むにつれて自分の欠点を認めて医師として成長していきます。

FAINALの頃には白鳥を諭すようなシーンも多く見られ、体も気持ちも小さいグッチーが大きく見えました。

白鳥圭輔(仲村トオル)

厚生労働省・大臣官房秘書課付技官兼医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長。シリーズごとに肩書が変わる。

本人いわく「アクティブフェーズ」という話術で、わざと相手を怒らせて証言を引き出しているんだというが、本来のひねくれた性格が出ているだけ。

頭は良く医師免許を持つ、いわゆる「医系技官」。無類の肉好きで野菜や主食はほとんど食べない。

FINALでは、自分が研修医時代に犯したミスが暴かれ「辞表」を書いたものの、グッチーにあっさり破られてしまいます。

速水晃一(西島秀俊)

東城医大救命救急センター長。

かつて城東デパート火災で多くの患者が運び込まれた時、当時はまだ駆け出しの医師であった速水が自ら指揮をとり多くの命を救った出来事から「ジェネラル・ルージュ血まみれ将軍)」とのあだ名がついた。

冷静沈着であまり喜怒哀楽を出さず、何を考えているかわからないため誤解されやすいが、ロリポップキャンディが大好きという、おちゃめな一面もある。

患者を救うためなら手段を選ばないが、その無茶ぶりに「チーム・ジェネラル」の仲間たちは振り回さることもしばしば。

白鳥とは大学の同級生で白鳥いわく「唯一勝てなかったやつ」

「ジェネラル・ルージュ」以外のバチスタシリーズにも救世主としてたびたび登場しているので見逃せませんよ。

「チーム・バチスタ」全シリーズ

チーム・バチスタの栄光

放送:2008年10月14日~12月23日

◆あらすじと見どころ

バチスタ手術のために集められた「チーム・バチスタ」。7人の精鋭医師達によるそのチームは100%の成功例を誇っていたが、立て続けに3件の死亡例が発生。

院長の高階(林隆三)の命令で、不定愁訴外来の心療内科医である田口(伊藤淳史)が調査を任さるが、田口は全く気乗りがしない。

時を同じくして橋から転落し足を怪我した白鳥(仲村トオル)が不定愁訴外来に回されてきた。わがまま放題で看護師たちも手を焼いていたのだ。

ひょんなことから白鳥と田口が一緒に調査をすることになったが、殺人だと主張する白鳥と、あくまでチームの潔白を信じる田口。

意見が食い違ってはいたが「真相究明」という目的のために、二人はいつしかタッグを組んで事件の解明に乗り出したものの、性格も真逆で見た目も大人と子ども。どこから見てもデコボココンビ。

シリーズ最初の作品。FINALと比べるとテンポもゆったりで少々時代を感じる演出だからこそ、今見るととてもなつかしい。

◆注目のキャスト

氷室貢一郎(城田 優)

多忙のため食事はいつもカップラーメン。朝から立て続けに3件のオペに駆り出されるのもザラで麻酔科医を「オペ室の奴隷」だと言っている。

チーム・バチスタの麻酔科医。

ジェネレータを改造し、このシリーズのキーワードとも言える「スワンガンツカテーテル」を匠に操った。

本当は良いやつなのか悪いやつなのか。

ちょっとした表情がTOKYO MER(走る緊急救命室)でのテロリスト役とちょっと被るとこがありますが、本当は心根の優しい寂しがり屋の青年。ガチで「助けてあげたい」と思いました。

バチスタ手術とは

1990年代にブラジルのランダス・バチスタ医師が考案したもので、左心室の後側(裏側)の壁にメスを入れ一部を除去。縫い合わせて心臓を小さくする手術。主に拡張型心筋症などの重篤例に採用される。

引用:イムス東京葛飾総合病院

スワンガンツカテーテルとは

スワンガンツカテーテルとは、患者の心機能を正確に把握するためのカテーテルです。心不全やショックなどで心機能が低下している患者に使用して、心内圧や心拍出量、酸素飽和度を計測します。

引用:ナースのヒント

映画 チーム・バチスタの栄光

公開日:2008年2月9日

あらすじと見どころ

「チーム・バチスタの栄光」の映画版。主人公・田口公平が女性に変更され、白鳥圭輔(阿部寛)と田口公子(竹内結子)という異色のコンビがバチスタ事件を解決していきます。

このコンビは映画版のみですが、息の合った素晴らしい凸凹コンビでしたね。

◆注目のキャスト

田口 公子(竹内結子)

特別愁訴外来の心療内科医。

自他共に認めるマイペースな性格で、いつも患者さんの話をふんふんと聞く温和な性格。

血が苦手なのに、よりによって心臓外科の調査を依頼されて困惑している。

竹内結子さんは、本当にいろいろな役を演じれる女優さんでしたね。「ちょっと気弱な女医」というイメージにぴったりでした。「バチスタ」は彼女の代表作の一つになりました。

「チーム・バチスタ」のメンバー比較

役名役柄ドラマ劇場版
桐生恭一心臓血管外科医伊原剛志吉川晃司
鳴海涼病理医宮川大輔池内博之
羽場貴之臨床工学技士戸田昌宏田口浩正
酒井利樹心臓血管外科医鈴木裕樹玉山鉄二
氷室貢一朗麻酔科医城田優田中直樹
垣谷雄次心臓血管外科医鶴見辰吾佐野史郎
大友直美オペ室看護師釈由美子井川遥

チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙

放送:2009年10月9日

あらすじと見どころ

「チーム・バチスタの栄光」に続くスペシャルドラマ版。

チーム・バチスタの事件から9か月後、脳腫瘍患者の少年・岡部巧(中島健人)が手術後に植物状態に陥る。

巧の親族が訴訟を起こそうとする動きを懸念した院長の高階(林隆三)の依頼で、田口は再び白鳥とコンビを組んで内部調査をすることになった。

白鳥はいつものごとく執刀医の西園寺(遠藤賢一)を挑発しながら事件解明に挑むが、その矢先、巧と同じ病室に入院する少年の父親が殺害されるという事件が発生する。

このシリーズのラストには、田口のもとに「東城医大救命救急では不正が行われている」という怪文書が届くのですが、その調査のために田口と白鳥が病院内を闊歩するシーンが、後の『ジェネラル・ルージュの凱旋』に繋がっています。

シリーズの中ではあまり知られていないスペシャルドラマですが、今をときめく「中島健人」くんが14才の頃に出演していたことで知名度があがりました。

◆注目のキャスト

岡部 巧(中島健人)

14歳の脳腫瘍患者。摘出手術が成功し一度は意識を取り戻したが、直後に出来た血腫が原因で植物状態になってしまう。夢は飛行機の整備士になること。

当時はジャニーズのB.I.Shadow に所属していました(現在はSexyZone)。いい感じに大人になった!

2016年
2022年

植物状態とは

植物状態とは、大脳(思考と行動を制御する脳の部位)が機能しなくなったものの、視床下部と脳幹(睡眠サイクル、体温、呼吸、血圧、心拍、意識などの生命維持に必要な機能を制御している脳の部位)はまだ機能し続けている状態のことをいいます。

方や「脳死」は、視床下部と脳幹を含む全ての脳の活動が永久的になくなることです。

抜粋:MSDマニュアル

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

放送:2010年4月6日~同年6月22日

あらすじと見どころ

舞台は「東城大学医学部付属病院救命救急センター」に場所を移します。

救命救急センターを仕切っているのは、「ジェネラル・ルージュ」と呼ばれる救命医・速水晃一(西島秀俊)。

速水は天才外科医と言われ腕は誰もが認めていたが、一方でどんな状況でも「受け入れを断らない」という信念のもとに無茶な要求をメンバーにも押し付けるため、不満を持っている人間も多かった。

田口は、救命に運ばれた患者が以前不定愁訴の通院歴があったため、行きがかり上、救急精神医療責任者に任命されてしまう。

その頃、病院の抜き打ち監査と称して救命救急センターにやってきた白鳥は、速水と医療代理店「メディカル・アソート」の社員・佐々木(堀部圭亮)のただならぬ関係に気づき、早見の収賄疑惑を調べ始める。

「バチスタシリーズ」の人気を急上昇させたのが「チーム・ジェネラル」。西島秀俊さんの青いスクラブ姿医療ドラマまにあに惚れた女性も多かったでしょう。

速水が佐々木から受け取った紙袋も気になりましたよね。札束が何個入ってるんだろうって。

◆注目のキャスト

長谷川 崇 (戸次重幸)

東城大学医学部付属病院救命救急センター救命医。「チーム・ジェネラル」の一人で専門は脳神経外科。

速水に見込まれて「チーム・ジェネラル」に入った。口数は少ないが言いたいことはハッキリ言う性格。

速水の腕は認めているものの、ベッドに空きがなくても患者を受け入れてしまう速水のやり方に不満を抱いている。

第4話では、こらえきれずに速水に退職願を叩きつけますが、いとも簡単に破り捨てられてしまい、自由に辞めることさえできないことに絶望する。

ストーリーの最後で速水の命を救ったのは、速水の脳に映っている腫瘍が「リンパ腫」によるものではなく感染症による「膿瘍」であったことを見つけたのが長谷川先生なんですよ。

それにしても、しげちゃん(戸次さん)といい放射線医師役の安田顕さんといい、今や「TEAM NACS」のメンバーは全国区の俳優軍団ですよね。北海道民としては鼻が高い!

最終回あらすじはこちら

映画 ジェネラル・ルージュの凱旋

公開日:2009年3月7日

◆あらすじと見どころ

田口公子(竹内結子)の元に一通の告白文が届く。内容は、救急救命の速水センター長(堺雅人)がメディカルアーツと癒着しているというもの。

院長から調査を依頼された田口は、こっそり速水の観察をするが、ところかまわず急患を受け入れてしまう速水を疎ましく思う人間も多いことがわかる。

その矢先、速水が話していたメディカルアーツの男が屋上から飛び降り自殺を図る。戸惑いを隠せない田口の前にあらわれたのが、骨折で入院中の厚生労働省の切れ者役人・白鳥圭輔(阿部 寛)!

かくして再会した二人が、再び事件解決に挑むのだった。

映画版では、ジェネラル速水に「堺雅人」さんを起用し、西島さんとは違う個性的なジェネラルを演じました。

堺さんのジェネラルの方がより「わが道を行く」感が強いように思いましたが..。みなさんの感想も是非お聞かせください。

◆注目のキャスト

花房 美和(羽田美智子)

東城大学医学部付属病院救命救急センター 看護師長

ベテランの看護師長としてジェネラルを影で支えるしっかり者。ジェネラルを愛しているが決して表面には出さず思いづづけている。

城東デパート火災の時、おろおろしていた速水を叱咤激励し、真っ赤なルージュを差し出した。

看護師さんたちって仕事上、芯が強いというか燐としているイメージがありますが、オペ室ナースともなればなおさらですよね。

彼女もその一人。この映画では、速水先生と花房師長の恋の行方がチラッと演出されていて、つい応援したくなりましたよ。

その他のキャストはこちらから

チーム・バチスタSP2011〜さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか〜

放送:2011年1月2日 22時~23時30分

◆あらすじと見どころ

コンビナート爆発炎上事故が発生。東城医大救命救急センターに患者が次々と運び込まれた。

数日後、速水の元に「患者が急変して死ぬ」という匿名の脅迫文が届く。田口と白鳥が調査に乗り出した直後一人の患者が予告通りに急変。それ以降も脅迫文は続き、予告状通りに患者の容態が悪化していく。

これは速水に恨みを持つ者の犯行なのか?もしくは救命救急センターから去ろうとする速水を引き止めるためなのか?

速水と関わった過去の患者達にも動機がないとは言えない。それぞれの可能性を追求しながら、すっかり息の合った田口&白鳥コンビが事件の謎に挑む!

このスペシャルドラマは、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』の総集編という位置づけのため、速水が過去に救った患者たちが登場します。

それぞれの病名をつきとめ治療にあたる様子は、まさに医療ドラマの醍醐味であり、そこに謎解きも含まれて最高におもしろかった!

◆注目のキャスト

桜田 通(山崎賢人)

14才の車椅子の少年。

かつての事故で速水に命を救われて速水に恩を感じているが、たまたま速水とすれ違った時に、速水が自分の事を覚えていなかったことに逆上。

興奮しすぎて痙攣を起こすが、速水は彼の痙攣に病気が潜んでいることを見抜き、事なきを得る。

「母親が苦労しているのは自分のせい」と考え、悲観的な態度ばかり取っている。

若かりし頃の山崎賢人。なんとも言えずピュアな表情が彼の魅力でしょうか。その表情こそ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」や「グッドドクター」を盛り上げた秘密かもしれませんね。

速水が救ったその他の患者たちはこちら

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

放送:2011年7月12日~9月20日

◆あらすじと見どころ

田口は、ある日死因不明の遺体と遭遇。事件性無しと判断する警察に「オートプシー・イメージング」(通称AIエーアイ)提案、犯人逮捕につながった。

その頃白鳥は、日本の解剖率がたった3%で残りの97%は死因不明のまま処理されている問題にメスを入れるため、東城医大病院「AIセンター」の設立を進めていた。

しかしAIを導入されて警察の落ち度を発見されないかと懸念する警察庁と、解剖しなければ真実はわからないと主張する法医学者の笹井(小西真奈美)は大反対。

そんな矢先、AIセンターで連続殺人事件が発生。その根底には、20年前のDNA鑑定の不備が生んだ「松崎事件」と呼ばれる冤罪事件が絡んでいた。

その冤罪事件をのカギを握っているのは誰なのか。

田口と白鳥は20年の時を超え、死因不明社会の闇の中へ逃れ続けていた真犯人を追及していく。

このシリーズがこれまでの作品と趣が違うのは、警察の内情がテーマにあるせいかサスペンス色が強かったからでしょう。

作品の中で冤罪事件としている「松崎事件」は、実際に起きた「袴田事件」をモチーフにしたものであり、ドラマ放映中に「袴田事件」が進展するという因縁も重なって毎回10%以上の視聴率をキープしました。

◆注目のキャスト

宇佐見 壮一(福士誠治)

警察庁刑事局特命広域捜査官。警視。

一見物静かで温厚そうに見えるが、一瞬するどい目つきをするのは、昔、複数の子供を殺害した犯人を射殺してしまったことがトラウマになっているから。

その時、上司の北山(尾美としのり)に「正当防衛」として庇ってもらったことで北山の指示には絶対服従すると決めている。

その北山が殺されたことでAIセンターに恨みを覚えるようになるが、事件を隠蔽していた警察庁幹部に疑いの目を向けると同時に「松崎事件」の真相を突き止めることに命を賭ける。

あ~、こんなカッコいい役者さんいたな~と思わせてくれたのが彼。刑事役にピッタリでしたが、笹井先生(小西真奈美)に手錠をかけて置き去りにするその表情には、犯人役でもいいくらいの「怖さ」がありました。

脇役と言ってしまうにはもったいない役者さんだと思います。

オートプシー・イメージング(AI)とは

死亡時画像診断、もしくは死亡時画像病理診断のこと。

死因が体表からではわからない症例に対して、正確な死亡診断書・死体検案書を作成するためにAiを活用するようになっている。

日本の医療法に基づく医療事故調査においては、「厚生労働省 平成27年5月8日 医政発0508第1号」で調査方法のひとつとして挙げられている。

引用:Wikipedia

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

放送:2014年1月7日~3月18日

◆あらすじと見どころ

碧翠院へきすいいん」は桜宮巌雄(柳葉敏郎)が院長を務め、積極的に終末期医療に取り組んでいる病院。

田口は、高階院長の命令で「碧翠院」へ派遣されることになったが、赴任当日に見たものは「皮膚科医」と名乗って患者を診療する白鳥の姿だった。

実は白鳥のもとに碧翠院の闇を密告する文章と助けを求める手紙が届いていたため、身分を隠して潜入していたのだ。

しかし、桜宮一族は院長が築き上げた「家族」という絆が強く、一向に真実が見えてこない。田口は入居者の話を聞きながら、それぞれの「死への想い」に心が揺れていた。

二人は徐々に桜宮家の闇に近づいていくが、やがて明かされる全貌は誰にも解決することのできない重苦しい現実が待っていた。

「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」は私たちに「終末期医療」という重いテーマを投げかけた作品でした。

シリーズ初めて東城医大から離れて地方病院でのロケだったことや、クライマックスもシリーズ史上最悪のラストだったので印象に残っている方も多いでしょう。

◆注目のキャスト

桜宮 巌雄(柳葉敏郎)

碧翠院院長。警察医も兼務しており警察に顔が利く。地元では「良い先生」として患者からの信頼も厚い。

死期が近いと判断された患者は「螺鈿の部屋」という特別な部屋に連れて行かれ、なぜか皆、静かに最期の時を迎える。その後必ず自らの手で解剖を行っている。

さらに、妻の親戚が営む寺を継いで僧侶の資格まで取得しているため、葬儀まで誰の目にも触れず、一切がっさい自分の手で行うことができる。

かつては外科医として東城医大で働いていたが、実父の死に際を目の当たりにしたことから延命治療に否定的になったという。

今回の柳葉敏郎さんの役柄は、まるで死を司る神様のような役柄でしたが、彼が昔「一世風靡セピア」として原宿駅前で踊ってたことなんて、今の若い人は知らないんだろうな~。

同世代の私は別の意味でちょっと感慨深いです。

「螺鈿迷宮」はこちらからもどうぞ

映画 チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

 放映:2014年3月29日

◆あらすじと見どころ

地下室で9人の医療関係者が不審な死を遂げるという事件がおきた。かろうじて生き残った一人がチーム・ジェネラルの元に運ばれた。

その頃田口と白鳥は、日本初となる国際AIセンターに導入が決まった、顕微鏡レベルの解像度を誇るという新型MRI「リヴァイアサン」を中心に、国と自治体、東城医大病院が一体となって取り組むべき、「死因究明システム」の改革に東奔西走していた。

AIセンター副センター長として招聘された東堂(生瀬勝久)は、司法解剖でも死因がわからなかった集団不審死事件をリヴァイアサンで解明しようと計画をたてる。

そんな中、「リヴァイアサン」の搬入パレードの日に田口が目撃したのは、行方がわからなくなっていた元「碧翠院」産婦人科医の桜宮すみれ(栗山千明)。

さらには田口の元に「三の月、東城医大病院とケルベロスの塔を破壊する」と書かれた脅迫状が届く。

AIセンター始動当日。予告どおり最悪の結果になるのか。果たして食い止めることはできるのか。

◆注目のキャスト

滝沢 秀樹(松坂桃李)

東城大学医学部付属病院救命救急センター救命医。研修医を経て正式に選んだ場所は「救命」だった。

一見何を考えているのかわからない不気味な表情をすることがあるが、真は真面目で優しい青年。

父親が薬害訴訟の被害者であり、友達の別宮葉子(桐谷美玲)と共に製薬会社やその薬を使用した医者を恨んでいたが、目の前で生死をさまよう父親の元担当医を自分の手で救うことになる。

「だって僕は医者ですから…」

「ジェネラル」の時はまだ研修医であどけなかった横顔も、堂々一人前のドクターに成長した姿が見られます。自分の居場所としてまさか救命を選ぶとは思っていなかったと言っていますが、ずっとジェネラルの背中を追ってきたのでしょうね。

「チーム・バチスタ」シリーズを全て無料で見るには? 

今回ご紹介した「チーム・バチスタ」シリーズを全て無料で見るおすすめの方法は、

「チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙」はTSUTAYA DISCASでレンタル

それ以外のシリーズは全てU-NEXTの「見放題作品」となっているので、「31日間無料トライアル」を利用して無料で見ることができます。

\ 最短5分ですぐ見られる /

最後に/まとめ

今回は、映像化されている「チーム・バチスタ」シリーズをまとめてご紹介しました。

全部受けろ!
「チーム・バチスタ」シリーズ
  • チーム・バチスタの栄光
  • 映画 チーム・バチスタの栄光
  • チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙
  • チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 映画 ジェネラル・ルージュの凱旋
  • チーム・バチスタSP2011〜さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか〜
  • チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸
  • チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮
  • 映画 チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

最初の「チーム・バチスタの栄光」と最後の「バチスタFINAL ケルベロスの肖像」では田口&白鳥の絆の強さが違うし、その他キャストのそれぞれの成長ぶりを観るのも面白い!

また時代とともに導入される最新機器も新鮮で、医療ドラマは正にその時代を映す鏡といえるでしょう、

日進月歩の日本の医療。今後、それを表現してくれる新たな「医療ドラマ」は現れるのでしょうか。

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました