北海道が舞台『PICU 小児救急治療室』に安田顕が医師役で出演!

医療ドラマ ドラマ

2022.10月に放送予定の『PICU 小児救急治療室』。北海道の病院を舞台にした「PICU」、いわゆる小児専門の集中治療室での医師たちの奮闘ぶりを描いたドラマです。

その中に「PICU」のスペシャリストとして登場するのが、北海道の星!安田顕さんです。

今回は、札幌在住で、医療ドラマが3度のご飯のに好きな私が、ドラマのストーリーやキャスト、また安田顕さんの魅力について解説します。

是非、最後までご覧ください。

『PICU』とは

『PICU』とは、「pediatric intensive care unit」の略で小児集中治療室のこと。

心臓手術のような大きな手術を受けた場合や、病院の内外を問わず急な病気や怪我などで全身の状態が悪くなった場合など、集中治療が必要な小児達(おおよそ15才以下)を一カ所に集めて治療する場所のことです。

その中で働く医師が「小児集中治療医」。看護師や薬剤師、臨床工学技士、理学療法士と一緒に24時間365日、交代で勤務しています。

ちなみに『NICU』は「Neonatal Intensive Care Unit」の略で新生児集中治療室。

日頃よく耳にする『ICU』( Intensive Care Unit )は、基本的に大人を対象とした集中治療室のことですが、患者の状態や状況に応じて臨機応変に判断されるようです。

参考サイト:日本集中医療医学会

ドラマ『PICU 小児救急治療室』

基本情報

放送予定日2022.10月10日~ 毎週月曜 夜9時
脚本倉光泰子
「アライブ がん専門医のカルテ」他
プロデューサー金城 綾香
「監察医 朝顔」シリーズ
「元彼の遺言状」他
演出平野  眞
「監察医 朝顔」シリーズ
医療監修浮山越史(杏林大学病院)
※日本小児外科学会理事
※日本小児救急医学会理事
渡邉 佳子(杏林大学病院)
植田 育也 (埼玉県立小児医療センター・センター長
制作・著作フジテレビ

医療監修をされている植田 育也先生 (埼玉県立小児医療センター)は、今回の登場人物である植野 元(安田顕)のモデルとなっている医師です。

植田 育也先生プロフィール
  • 1991年 千葉大学医学部を卒業。千葉大学関連施設での小児科研修修了
  • 1994年~1998年 アメリカ・オハイオ州のシンシナティ小児病院にて小児集中治療に従事
  • 1998年 帰国後、長野県立こども病院、静岡県立こども病院のPICU設立・運営に携わる
  • 2016年 埼玉県立小児医療センターに小児救命救急センターを開設

主なキャスト

志子田 武四郎(しこた・たけしろう)吉沢亮

丘珠病院の小児科医。北海道出身の27才。幼い頃に父を亡くし女手一つで育てられる。母思いで料理上手、家事全般もそつなくこなす優しい青年。

実家から通える病院であれば何科でも良いと考えていたため、たまたま小児科医になった。

植野 元(うえの・はじめ)安田顕

丘珠病院PICU専門医。日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニアで、丘珠病院にPICUを定着させるため東京から赴任してきた。

東上宗介(とうじょう・そうすけ)中尾明慶

丘珠病院医師。寡黙で優秀な救命医。口数は少ないが医療に対する情熱は熱いため、医師や看護師から信頼を得ている。

綿貫りさ(わたぬき・りさ)木村文乃

丘珠病院の救急救命医。植野元(安田顕)に誘われてPICUにやってきた。北海道出身。タフで優秀な女医だが武四郎には横柄で攻撃的な態度を取るが、その裏には悲しい過去があった。

今成亮平(いまなり・りょうへい)甲本雅裕

丘珠病院のベテラン麻酔科医。裏表なく竹を割ったような性格で人望も厚い。影からさりげなく武四郎を応援する。

涌井桃子(わくい・ももこ)生田絵梨花

武四郎の幼なじみでずっと思いを寄せている。バスガイドをしている。

矢野悠太(やの・ゆうた)高杉真宙

武四郎の幼なじみで兄弟にように育った仲。網走の病院で救命医をしている。

河本舞(かわもと・まい)菅野莉央

武四郎の幼なじみ。隙だらけで頼りない武四郎に すかさずツッコむ姉御キャラ。バスガイドの涌井桃子(生田絵梨花)、武四郎の親友・矢野悠太(高杉真宙)といつも4人でつるんできた。

志子田 南(しこた・みなみ)

武四郎の母。女手一つで武四郎を育ててきた。

Coming Soon・・・

安田 顕(やすだ けん)プロフィール

引用:TEAM NACS公式 左から森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真

安田顕さんは、北海道出身の5名で結成された演劇ユニット「TEAM NACS(チームナックス)」の一人でサブリーダーとして活躍しています。ちなみにリーダーは森崎博之

メンバーは、森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真。全員、北海学園大学演劇研究会出身の仲間たちです。

チームでの活動はもちろん、大泉洋さんを筆頭に他のメンバーも北海道を飛び立ち、今や全国区の役者さんへと成長。

その中でも安田顕さんは、近年映画・ドラマ・舞台など数々の話題作に出演しています。医者役としては「チーム・バチスタ」で放射線科医でしたね。

生年月日1973年12月8日
出身地北海道室蘭市
身長174.0cm
血液型A型
所属事務所クリエイティブオフィスキュー
代表作『水曜どうでしょう』
『らせんの迷宮』
『小さな巨人』
『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』
『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』
『未来への10カウント』
『下町ロケット』 他
\ 今なら31日間無料トライアル実施中! 
安田顕作品54件、吉沢亮作品も55件見られる!

ストーリー

武四郎(吉沢亮)が勤務する病院に「PICU」が新設されることになり、武四郎も異動を命じられる。

北海道で大規模な「PICU」を運営するのは難しいとされる中、颯爽とやってきたのがPICU専門医の植野(安田顕)。

植野は日本各地でPICUを定着させてきたやり手の小児科医で、「広大な北海道で医療用ジェット機を運用した日本屈指のPICUを作る」という大仕事を成し遂げるため、東京からやってきたのだ。

家が近かったからという理由でたまたま小児科医になった武四郎だったが、植野の熱意や後ろ姿を見るうちに、自分の非力さに打ちのめされながらも小児科医としての自覚に目覚めていく。

とはいえ、ただでさえ人手不足の病院なのにPICUまで手が回らず、急患さえもまともに受け入れられない始末。

そんな中、稚内市の病院から救急要請。発症から4時間も経過した5才の女の子が搬送される。

泣き虫で未熟な「どさんこドクター」はこの事態をどう乗り切るのか・・・。女の子の命はどうなる・・・?

引用:フジテレビ公式より抜粋

最後に/見どころ

引用:札幌医科大学附属病院の最新医療 [ 札幌医科大学附属病院 ]

最近の医療ドラマには「ドクターヘリ」がたびたび登場しますが、このドラマで植野(安田顕)が運用を目指しているのは「医療用ジェット機」。

なぜなら北海道という広大な敷地や険しい山を越えるにはドクターヘリだけでは網羅しきれないからです。

私がボランティアをしている札幌医科大学病院でも、すでに北海道の新たな搬送手段として「メディカルウィング」を導入しており、このドラマはドクターヘリを越えた、未来を見越しての作品と言えるでしょう。

フジテレビといえば「コード・ブルー」「ナイトドクター」「ラジエーションハウス」など、どの医療ドラマも大ヒット!

そのフジテレビが手掛け、ドクターヘリを越える「医療用ジェット」が登場。また「小児集中治療医」にスポットを当てた医療ドラマも斬新です。

これは見ないわけにはいかないっしょ!(北海道弁)

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました