ドラマ「アンサング・シンデレラ」 を無料で見られる配信サイトは?

医療ドラマまにあ ドラマ

石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」。

放映当初は、一部の医療従事者の方から「ありえない」「ひどい」などの不評も多かったようですが、番組内で使用されたグッズやスクラブ(医療着)が飛ぶように売れたそうですから、反響の大きさが伺えますね。

今回は、ドラマのあらすじやキャストを振り返りながら、ドラマ「アンサング・シンデレラ」 を無料で見られる配信サイトについて解説しています。

普段あまり知ることのない「病院薬剤師」さんにスポットを当てた医療ドラマです。豪華キャストも見ものですよ!

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」

基本情報

放送日2020年7月16日~9月24日
原作荒井ママレ
 『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』
(『月刊コミックゼノン』連載/コアミックス) 
脚本黒岩勉
音楽信澤宣明
プロデューサー野田悠介
主題歌DREAMS COME TRUE 「YES AND NO」
(ユニバーサルシグマ)
ロケ地稲城市立病院(東京都)
羽生総合病院(埼玉県)
青海中央ふ頭公園野球場 他
制作著作フジテレビ

医療監修・薬剤師監修

医療監修松本尚(日本医科大学)
原義明(日本医科大学)
茨木保(いばらきレディースクリニック)
薬剤師監修伊勢雄也(日本医科大学付属病院)
髙瀬久光(日本医科大学多摩永山病院)
笠原英城(日本医科大学武蔵小杉病院)
實川東洋(日本医科大学千葉北総病院)
薬剤師指導日本医科大附属四病院薬剤部
看護指導石田喜代美

キャスト

役名キャスト役柄
葵 みどり
(あおい みどり)
石原さとみ萬津総合病院薬剤部キャリア8年目の薬剤師。患者に深入りしすぎてもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも多い
相原 くるみ
(あいはら くるみ)
西野七瀬萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。
「薬剤師は医者ほど責任は生じないだろう」という安易な理由で薬剤師になった
瀬野 章吾
(せの しょうご)
田中圭萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想はないが、心根は優しく誰よりも患者思い
小野塚 綾
(おのづか りょう)
成田凌ドラッグストア「ナカノドラッグ」の薬剤師。患者のために奔走するみどりを冷ややかな目で見ている
刈谷 奈緒子
(かりや なおこ)
桜井ユキ萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。患者に深入りしすぎるみどりとは対照的だが、患者を救いたいという思いは同じ
羽倉 龍之介
(はくら りゅうのすけ)
井之脇 海萬津総合病院薬剤部キャリア3年目の若手薬剤師。薬剤部のムードメーカー
工藤 虹子
(くどう にじこ)
金澤美穂萬津総合病院薬剤部キャリア4年目の病院薬剤師で監査を担当している
販田 聡子
(はんだ さとこ)
真矢みき萬津総合病院薬剤部部長。ただ優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも持っている
七尾 拓
(ななお たく)
池田鉄洋萬津総合病院薬剤部副部長。治験管理担当
荒神 寛治
(あらがみ かんじ)
でんでん萬津総合病院薬剤の医薬品情報を専門的に管理するドラッグインフォメーション室(通称:DI室)責任者。どんな厄介な患者も大人しくさせるベテラン薬剤師
辰川 秀三
(たつかわ しゅうぞう)
迫田孝也中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の店主。萬津総合病院では「待たせると激ギレする」患者で有名
石原さとみ使用ウエストポーチ
引用:Twitter

あらすじ

第1話 知られざる病院薬剤師の医療ドラマが誕生!

葵みどり(石原さとみ)は薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)と、蜂に刺されて搬送された患者への投薬を担当していたが、患者は心肺停止に陥る。

患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常的に服用している薬があることに気づき、すかさず医師に報告したことで患者は回復。

その様子を見ていた新人の相原くるみ(西野七瀬)は薬剤師が患者を救ったと感動する。しかし、患者の家族たちが感謝して頭を下げるのは医師だけ。

納得できないくるみに対し、みどりは一言「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」

第2話 薬剤師は薬を渡して終わりじゃない

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が何やら慌てた様子。厚生労働省の麻薬取締官が抜き打ちで医療麻薬の管理調査に来るというのだ。

刈谷(桜井ユキ)は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。

そんな中、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)が意識不明で倒れていた。みどりは見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。

救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたることになったが、大宮は危篤状態に陥る。

一方、麻薬管理室で麻薬以外の保管状況を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

第3話 俺はあんた達とは違う 

みどり(石原さとみ)は処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。新田は意識を取り戻し医師から入院を告げられたが、なぜか拒否。

くるみが新田に服用している薬について聞くと新田は大量の薬を出したものの、中には日付の古い薬や半分に割られた薬もあった。

みどりから話を聞いた刈谷(桜井ユキ)たちは憤りを隠せない。なぜならその薬は割って処方してはいけない薬だったから。

みどりは処方したドラッグストアに電話して薬剤師に問い合わせるが、そっけない対応で話にならない。怒ったみどりは直接ドラッグストアに向かう。

そこにいたのは、なんと『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)。

小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話でそっけない返事をしたのも小野塚だった事に憤るみどりだったが、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

第4話 薬剤師が患者を救う事だってできる

みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、店主、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。樹里はどこか具合が悪そうだったが、客がいるのに挨拶もしない樹里を叱る辰川。

翌日は販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会するも医者に押し切られてしまう。医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。

そんな矢先、みどりは救命センターにいる瀬野章吾(田中圭)からお呼びがかかる。樹里が小野塚(成田凌)に付き添われて搬送されたのだ。

樹里は小野塚の勤めている薬局で倒れたと言う。駆けつけた父、辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。

樹里が摂食障害になったのはなぜ?・・・

第5話 第二の患者

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い持ち直したものの太一は末期がんで回復の見込みはない。

本人に告知はされておらず、祖父に嘘をついているという罪悪感が、樹里(久保田紗友)の摂食障害の引き金になっていたのだ。

みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げるが、本人は入院せずに家族と過ごしたいらしい。

秀三と樹里は反対したが、抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案するみどり。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。

みどりがくるみ(西野七瀬)と一緒にケモ室(抗がん剤調剤室)へ行くと、くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。くるみはみどりと一緒に太一を看たいという。

しかし命の現場でくるみが見た現実は想像を絶するものだった・・・。

第6話 病気に大きいも小さいもない

みどり(石原さとみ)は小野塚(成田凌)とくるみ(西野七瀬)たちと一緒に、区民センターで高齢者対象の服薬指導を行っていた。

指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れる。萬津総合病院救急センターに搬送されるも原因がわからず入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると早苗は飲んでいないという。

その頃くるみは、初めて一人で服薬指導を任されていた。くるみが担当したのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。

服薬指導がうまく出来たと喜ぶくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

救急医の七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑う。多剤耐性菌について調べるみどりに対し「患者を見ろ」と叱る瀬野(田中圭)。

早苗が「薬は飲んでいない」というが本当なのか。

一方くるみは、遠野から「薬が効かない」との電話を受ける。

第7話 やれる治療があるだけマシだから

急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)の検査結果が出た。

心春は新人の頃のみどりが任された患者で一度は寛解したものの再発、再入院していたが検査結果は良好。近々退院出来ることになり、みどりと心春は大喜び。

そんな二人の前を通りかかったのが、特別室に入る議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。症状は左尺骨にヒビが入っただけだが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀にとって入院は好都合だった。

そのため病院長と整形外科医の大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには、古賀について口止めされる。

実は古賀には喘息の持病があり、みどりは古賀が苦しそうに胸を抑えた様子が気になっていた。

翌日、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう様子を見た心春(穂志もえか)がみどりとくるみに報告。実はこの時、心春の体にも異変が表れていた・・・。

第8話 最後まで看る

薬剤部から一人調剤薬局の研修に出す事になり、みどりが名乗り出る。みどりが研修するのは在宅医療に特化した『笹の葉薬局』。

みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていたのだ。

二人が薬局を見つけるやいなや、代表の仁科敦夫(東根作寿英)は二人を患者の家へと連れて行く。仁科は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。

患者は高齢者が多いため、薬の管理だけでなく食べ物や副作用のチェックもすると言う。

その頃くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導をしていた。くるみは服薬量が多い事が気になっていたが、増田は意に介さず帰ってしまう。

二人のやり取りを見ていた瀬野(田中圭)は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気になっていた・・・。

第9話 自分が生きていた証

瀬野(田中圭)がみどり(石原さとみ)の目の前で倒れ救急センターに運ばれる。

瀬野はすぐに意識を取り戻し、翌日何食わぬ顔で調剤室に表れ「逆流性食道炎」だったと告げるが、本当は肺に腫瘍の疑いがあったのだ。

そんな矢先、救急センターに若月陽菜(徳永えり)が運び込まれる。大量の抗不安薬の殻を見つけた瀬野は、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。

みどりが調べると、陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。みどりはくるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが陽菜は聞く耳を持たない。

その頃瀬野は、精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。それは瀬野にとって受け入れがたいものだった・・・。

第10話 薬剤部はバラバラになった

瀬野(田中圭)の病名は、まだ標準治療が確立されていない副腎がん。みどり(石原さとみ)は瀬野の担当薬剤師となり、効果が期待できる既存薬の投与を数週間続けるも改善せず。

そんなみどりに、七尾(池田鉄洋)が海外で副腎がんへの有効性が認めらている薬の治験を提案。

ただし、消化器内科の畑中(長谷川朝晴)治験責任医師になること、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、何より瀬野の同意を取ることが最低条件だ。

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話す。くるみ(西野七瀬)は希望を抱くが、刈谷(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。

それでもあきらめられないみどり。刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさすのだった。

最終話 大切な日常、それぞれの未来

みどり(石原さとみ)が瀬野(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経った。その頃みどりは萬津産婦人科医院で働いていたが、そこに小野塚(成田凌)が訪ねて来る。

小野塚の話から、萬津総合病院薬剤部に、以前急性骨髄性白血病で入院していた簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていること、そして心春の指導担当がくるみ(西野七瀬)であることを知る。

また、療養中の瀬野に代わって自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に心を痛めるみどり。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていたのだ。

小野塚はみどりに萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だからと断る。

その時、みどりは産婦人科から呼び出される。みどりが病院に戻ると、家でお腹を打って倒れた妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が、母の世津子(朝加真由美)と一緒に来院。

幸い母子ともに大事に至らなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。

千歳と世津子は服用していたと答えたが、入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てていた・・・。

▶ラストシーンはこちらから

「アンサング・シンデレラ」 を無料で見られる配信サイトは?

「アンサング・シンデレラ」は、FODプレミアムの初回2週間無料トライアルを利用すれば無料でみることができます。

下記から登録して「アンサング・シンデレラ」と検索して視聴するだけ!2週間以内に解約すれば料金はかかりません。

\ 登録はたったの3分! /

FODプレミアムなら、アンサング・シンデレラのスピンオフドラマ

『アンサング・シンデレラANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~』も#1~#5まで全部見れるよ!

もしFODプレミアムのお試しを利用済の方は、TSUTAYA DISCASのお試し期間を利用すると無料で視聴可能です

「医療ドラマまにあ」としての感想

このドラマは当初医療従事者の方、特に看護師さんから「ありえないわ~」というご批判が多かったと聞きます。

その理由は、「薬剤師の指示で医者が点滴をするなんておかしい」「薬剤師が心臓マッサージなんかしない!」などなど。

確かに「へ~、病院薬剤師さんてこんなこともするんだ…」と思ったのも事実。気になって調べてみたところ、このような記載を見つけました。

病院薬剤師の特徴のひとつに、救急救命業務があることが挙げられます。救命救急センターをもつ大規模病院では、生命の危機に瀕した重症の患者さまが次々に搬送されてきます。

一分一秒を争う集中治療室(ICU)の中では、医師や看護師、救急救命士などの医療従事者が治療にあたりますが、救急救命の現場では、薬の誤判断は命取り。薬剤師は医師の指示のもと、適切な薬や投与量、投与方法を迅速に選択し、薬の準備やチェックを行います

引用:ファルマラボ

「心臓マッサージ」とは書かれていないものの、この「救急救命業務」にあたると考えればあながち否定されることではないのかもしれません。

ただしあくまでも「医師の指導のもと」ですから、みどりが出しゃばっているように見えたのも無理もないかも。それでなくとも現場の看護師さんたちは戦場ですからね。

とはいえ「薬の誤判断は命取り」ですから、ある意味命を守る仕事であることには間違いありません。

まあ、医療ドラマ好きの私としては、日頃あまりスポットの当たらない医療現場が世に出ることは大歓迎。

今後がますます楽しみです。

\ 葵みどりに会いに行こう /

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました