松坂桃李&広瀬すず熱演!映画「いのちの停車場」見どころを徹底解説

いのちの停車場 映画
金沢市主計町茶屋街

吉永小百合さん主演の映画「いのちの停車場」は、日本の在宅医療を通して医師や患者、また患者の家族の姿をリアルに描いた作品です。

出演の松坂桃李&広瀬すずちゃんも、昭和の大スター、吉永小百合さんに引けを取らず作品を大いに盛り上げていました。

今回は、作品のキャストやストーリーを振り返りながら、見どころをたっぷりお届けします。パンツ一丁ではしゃぐ松坂桃李や、井上陽水のモノマネをする広瀬すずなど、ファンにはたまらないシーンもあり!

要チェックですよ!

映画「いのちの停車場」

基本情報

公開日2021年5月21日 東映
原作南杏子『いのちの停車場』(幻冬舎文庫)
監督成島出
助監督谷口正行
脚本平松恵美子
音楽安川午朗
エグゼクティブプロデューサー村松秀信、西新
医療スーパーバイザー岩本絹子(東京女子医科大学)
医療監修新田國夫
秋山久尚(製マリアンナ医科大学)
森田達也(聖隷三方原病院)
医学監修
救命救急医療指導
矢口有乃(東京女子医科大学)
救命救急医療協力前田哲生(金沢大学病院)
森岡研介(平成横浜病院)
医療アドバイス山口重樹(獨協医科大学)
濱口眞輔(獨協医科大学)
撮影協力・医療協力佐田尚宏(自治医科大学附属病院)
ロケ協力・医療協力蒲田敏文(金沢大学病院)

テーマソング

特報使用曲「Amazing Grace」

歌:AKINA(FAKY)

エンディングテーマ「いのちの停車場」

作詞:小椋佳 / 作曲:村治佳織 / 歌:西田敏行

劇中歌「STATION」

作詞・作曲・歌:みなみらんぼう

キャスト

引用:Twitter
役名キャスト役柄
白石 咲和子吉永小百合「まほろば診療所」在宅医。かつて大学病院の救命救急医だったが、ある事件の責任をとって退職、故郷に戻り在宅医となる
野呂 聖二松坂桃李「まほろば診療所」の運転手。以前は咲和子のいた救急外来で事務のアルバイトをしていたが、咲和子を追っかけて金沢にやってきた。医師国家試験を3回落ちている
星野 麻世広瀬すず「まほろば診療所」の訪問看護師。院長と二人三脚で在宅医療に携わっている。亡き姉の子を育てている
仙川 徹西田敏行「まほろば診療所」の三代目院長
柳瀬 尚也みなみらんぼう仙川行きつけのバー「STATION」のマスター
寺田 智恵子小池栄子末期の肺癌を患う芸者で、積極的な治療を拒否している
並木 シズ松金よね子80才。脳出血の後遺症で寝たきり。胃瘻の処置がされている
並木 徳三郎泉谷しげるシズの夫。妻を愛しているが老老介護に疲れ切っている
中川 朋子石田ゆり子プロの女流囲碁棋士。癌で5年前に手術をしたが再発。肺と腰に転移が見つかり幼馴染の咲和子を頼ってまほろばに来る
江ノ原 一誠伊勢谷友介年商300億の社長。トライアスロン中の怪我で脊髄損傷。希望は在宅で最先端治療を受けること
宮嶋 一義柳葉敏郎57才。末期の膵臓がん患者。元高級官僚。「医療費をムダに使わない」という考えで在宅医療を選択。長年会えていない息子のことが唯一の気がかり
宮嶋 友里恵森口瑤子宮嶋一義の妻。末期の膵臓癌である夫を献身的に支えている
若林 萌佐々木みゆ小児癌で入退院を繰り返している。野呂に懐いている
若林 祐子南野陽子萌の母親。幼い娘に迫る死を受け入れられず、新薬を使った治療を求める
白石 達郎田中泯咲和子の父親。妻に先立たれており、咲和子が金沢に帰ってきたことを喜んでいたが、骨折をきっかけにあちこち衰えて慢性的な痛みと戦っている
※ 在宅診療の患者

ストーリー

大学病院の救命医だった白石咲和子(吉永小百合)は、ある事件の責任をとって退職。実家の金沢に戻り、「まほろば診療所」で在宅医として再出発する決心をする。

「まほろば」には、いつも陽気な人柄で患者たちから慕われている院長の仙川徹(西田敏行)と、亡くなった姉の子を育てながら働いている、訪問看護師の星野麻世(広瀬すず)の二人だけ。

二人は、近隣に住むたった5名の患者を中心に「患者の生き方を尊重する」という考え方で治療を行っているため、これまで「救命」という戦場で戦ってきた咲和子には戸惑いの連続だった。

そんなある日、医大を卒業したものの国家試験に3回落ち、大学病院で事務のアルバイトをしていた野呂聖二(松坂桃李)が東京からやってくる。

咲和子を慕っていた聖二は、雑用でもいいから「まほろば」で働かせてほしいという。院長の計らいで往診時の運転手として使ってもらえることになった。

咲和子は、様々な事情から在宅医療を選択し、治療がむずかしい患者たちとの関わりの中で、人間としてのあり方を、患者やその家族とともに考えるようになっていく。

そんな矢先、咲和子の父が太ももを骨折。その後に発症した脳卒中の後遺症で「脳卒中後疼痛」に苦しむようになる。その痛みはもはやモルヒネさえ効かず、もはや為す術がなかった。

どうすることもできない痛みでのたうち回る父。父、達郎(田中泯)は咲和子に「ある提案」をするのだが・・・。

見どころ

患者6人のそれぞれの生き方

在宅治療を選んだ理由はそれぞれ違いますが、共通しているのは「劇的な回復は見込めない」こと。

その中で、残りの人生をどう生きようかと考えることで生まれる「いのちの輝き」は、在宅医療だからこそ身近に感じられるものなのかもしれません。

この患者さんたちの最後をぜひ見届けてあげてください。

吉永小百合さんの演技

吉永小百合さんのデビューは1959年の「朝を呼ぶ口笛」。以来122本目の映画に出演されていますが、医者役はこの作品が初めてなんだとか。

吉永小百合さんの作品は、バリバリ昭和生まれの私でさえあまり見たことがありませんでしたが、終始控えめな語り口は、おそらくこの作品の主役である「患者」を引き立てるためでもあったような気がします。

吉永世代の方であれば、感動すること間違いなし!

松坂桃李&広瀬すずの熱演

吉永小百合さんという大女優さんとの共演で、さぞかし緊張したかと思いますが、その緊張を跳ね除けるかの如く、二人の熱演には目を見張るものがありました。

ドラマのテーマや、吉永小百合さんのキャラクターもあり、終始ゆったりとした映像が流れる中で、良い意味でテンポアップしてくれたのがこの二人。

松坂桃李くんに至っては、彼の名演技で号泣した人も多かったはず。特に、小児がんの子の最後の望みを叶えてあげる場面。素晴らしいシーンでした。

広瀬すずちゃんも「若いお母さん役(自分の子ではない)」が板に付いていたし、「野呂っち」への恋心をあえて胸に閉まっている姿もいじらしいですよ。

永久に答えの出ないテーマ

物語のクライマックスは咲和子の父、達郎(田中泯)が、苦しさのあまり「ラクにして欲しい」と懇願すること。

救命にいた頃の咲和子だったら「そんなこと絶対ダメ..」と泣くだけで終わったかもしれないけど、在宅医療でさまざまの命のあり方を見た咲和子は真剣に考える…

そして迎えるエンディング。最後の最後で私たちに考えるテーマをくれます。

口コミ

映画「いのちの停車場」はどこで見られる?

映画「いのちの停車場」は新作のためレンタル作品となっていますが、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば無料で見ることが出来ます。 

※31日以内に解約すれば料金はかかりません。

「いのちの停車場」を無料で見る方法

  1. 下記からU-NEXTの無料トライアルに申し込む
  2. すぐに600ポイント付与されるので「いのちの停車場」を検索し、399円払って視聴する(実質無料)
\ 31日間無料トライアル実施中 /
下記の松坂桃李作品なら見放題!
  • 流浪の月 エピソード0
  • 劇場版 MOZU
  • この世界の片隅に
  • 名探偵コナン 工藤新一〜京都新撰組殺人事件〜
  • チーム・バチスタ2 ジェネラルルージュの凱旋
  • ドラマスペシャル「微笑む人」  他

「医療ドラマまにあ」としての感想

最近の医療ドラマは「リアル」を重視している作品が多いですよね。手術シーンで皮膚にメスを入れて開腹する、心臓を見せる、血を吹き出させるなど。

これは確かにリアルだけど、医療ドラマ好きの私が求めるリアルは、助かる命より実は助けられない命の方が多いという現実。

映画「いのちの停車場」は、まさに人の命のリアルを描いた作品であり、その観点から言えば究極の医療ドラマと言っても過言ではありません。

この映画では何人かの患者さんの最後が描かれていますが、不思議と悲しさがないのは、その方の望む最後になるように「まほろば診療所」のスタッフたちが力を尽くす努力のほうが心に残っているから。

人の死を決して重たくなく伝えられているのは、脚本や出演者の演技力の賜なのでしょう。

\ 登録はたったの5分 /

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました