田中圭「ドラマSP事件救命医2~IMATの奇跡~」はどこで見られる?

医療ドラマまにあ ドラマ

2013年に放送された『事件救命医〜IMATの奇跡〜』の続編として2014年に放送された『ドラマSP事件救命医2~IMATの奇跡~』。

このドラマはフィクションですが、ドラマの題材は2012年9月1日に警視庁からの要請を受けて、日本医科大学付属病院救命救急センターの医師たちにより結成された、24時間態勢の事件現場医療派遣チーム、通称「IMAT(Incident Medical Assistance Team)」をテーマにしたものです。

たとえ犯人でも命を救うのが義務である「IMAT」と、場合によっては犯人の命を奪ってでも危険を阻止しなければならない特殊捜査班「SIT」。

いわば相反する同士が繰り広げる医療ドラマと刑事ドラマ、サスペンス、アクションが一度に楽しめる超大作です。

見始まったら最後までやめられませんよ!

ドラマSP事件救命医2~IMATの奇跡~

引用:TERASA

基本情報

放送日2014年6月15日 21:00 – 23:10
脚本林宏司
演出根本和政
プロデューサー井上千尋(テレビ朝日)
遠田孝一(MMJ)
八巻薫(MMJ)
助監督柿田裕左
音楽得田真裕
医療監修 横田裕行、布施明、金史英、横堀将司
(日本医科大学付属病院 高度救命救急センター)
IMAT医療指導五十嵐豊、井上泰豪、小原良規、白銀一貴、
松本典子、山口昌紘、吉田良太朗
(日本医科大学付属病院 高度救命救急センター)
医事指導金史英、五十嵐豊、水柿明日美
(日本医科大学付属病院 高度救命救急センター)
竹ノ下尚子(日本医科大学武蔵小杉病院 救命救急センター)
山岸絵美(日本医科大学多摩永山病院 女性診療科・産科)
山崎元成、岩村弘志(川崎幸病院)
看護指導石田喜代美
医療取材協力加藤倫子
(順天堂大学医学部附属順天堂医院ハートセンター)
医療美術井口浩

ロケ地

港東医科大学病院のロケ地は静岡県の「榛原総合病院」です。

この病院は下記のロケにも使われています。

  • 緊急取調室2
  • 金田一少年の事件簿
  • 13歳のハローワーク
  • 37.5℃の涙
  • 監察医 朝顔

キャスト

役名キャスト役柄
日向 晶ひゅうがあきら玉木宏港東医科大学病院救命救急センターの救命医
美山みやま ゆかり貫地谷しほり港東医科大学病院救命救急センターの救命医
大蔵 幾多郎おおくらいくたろう伊武雅刀港東医科大学病院救命救急センターのセンター長
影浦 琢磨かげうらたくま田中圭警視庁警備部SP
元SIT隊員
荒井 健三あらいけんぞう高橋克典SIT隊長 管理官
紗弓 真理さゆみまり水野美紀科学捜査研究所 心理分析官
西郡 彩香にしごおりあやか森口瑤子港東医科大学病院 心臓外科医
心不全治療のエキスパート
福沢 栄吉ふくざわえいきち清水章吾元警察庁長官
現厚生労働副大臣
橘 亜紀たちばなあき杉咲花拡張型心筋症の患者
港東医科大学病院で心臓移植を待っている
橘 克己たちばなかつみ山崎一亜紀の父親
車田 信也くるまだしんやSITの交渉人
戸倉大東駿介バスジャック犯のリーダー
遠藤長田成哉バスジャック犯
河野磯村勇斗バスジャック犯
岩下増田修一朗バスジャック犯
横田陰山泰福沢栄吉の秘書

あらすじ

引用:TERASA

港東医科大学病院の救命医である日向晶(玉木宏)にはもう一つの顔がある。人質立てこもり事件などが起こったときに警視庁からの要請で出動する「IMAT」のメンバーだ。

方や影浦琢磨(田中圭)は警視庁警備部のSP。元「SIT」の隊員だったが北新銀行の立てこもり事件の責任を取らされて異動になっていた。

二人とも26年前に起きた爆弾事件で父親を失うという出来事がきっかけで、日向は「人を救いたい」という思いから医師に、影浦は犯人への憎悪から警察官になったのだ。

日向は「拡張型心筋症」の亜紀(杉咲花)に心臓のドナーが見つかりホッとしていた矢先、都内でバスジャック事件が起きるが、その車内には偶然、厚生労働副大臣の福沢(清水章吾)と拓磨(田中圭)が乗り合わせていたのだ。

犯人の要求は「16時までノンストップで走り続けること」。犯人グループは誰かから逐一指示を受けているようだった。

その頃、何もしらない日向たちは亜紀の移植手術を開始していた。ドナー心臓が到着しいよいよ亜紀の体に埋め込もうとしたその瞬間心臓が爆発、粉々になってしまったのだ。

このままでは亜紀は死を待つばかり。タイムリミットは16時。それまでに心臓が用意できるのか?

そんな矢先、IMATにバスジャック事件への出動要請がかかる。日向は亜紀を西郡先生(森口瑤子)に託しバスジャック事件の救助に向かう。

車内で再会する二人。この時はまだ、心臓が爆発したこととハイジャック事件が関係あるなど知る由もなかった。それどころか二人の父親が犠牲になった事件と繋がっていく。

犯人の目的は?指示している黒幕は誰?亜紀の命は助かるのか・・・

▶続きはTERASAU-NEXTで!※2022.8月現在

\ 料金比較はこちら /

医療ドラマまにあ
医療ドラマまにあ

TERASA&U-NEXTで「おっさんずラブ」も見れるよ!

感想

2時間あまりずっと目が離せなかった。すんごくドキドキしました。

心臓が爆発するってあり得ないけど、亜紀の体からはもう心臓を摘出してしまってるし、そっちのほうが心配でした。

この作品の素晴らしさは何といってもエンディングです。絶対誰も考えつかないと思う。

このバスの最終目的地が港東医科大学病院であることが暴露されたあたりから黒幕が絞られてくるのですが、その犯人の目的を知ったときには泣けました。

なぜなら、その人が決して「わるいやつ」ではなかったから。

この脚本は「医龍」「コードブルー」「ハゲタカ」など医療ドラマや刑事ドラマで定評のある林宏司さんですが、医療ドラマ&刑事ドラマの面白さ+涙のクライマックスと、すばらしい脚本です。

見たことないな~という方、絶対面白いドラマですよ!

TERASAU-NEXTですぐ見る!

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました