映画「ジーン・ワルツ」のあらすじから読み解く4人の女性の幸せとは

ジーン・ワルツ 映画

映画「ジーン・ワルツ」は、一人の産婦人科医師が4人の女性と向き合い、出産という「奇跡」に向かって力を注いでいく物語。産婦人科界ではタブーとされている「代理母出産」にもスポットが当てられています。

原作は「チームバチスタシリーズ」の海堂尊。

「チームバチスタシリーズ」のそれぞれの作品が日本の医療と密接にリンクしているように、「ジーン・ワルツ」も日本の産科医不足による「たらい回し問題」や不妊治療の実態にメスを入れるべく完成した作品です。

謎も多いスリリングな展開に最後まで目が話せませんよ。

映画「ジーン・ワルツ」

公開日2011年2月5日
原作海堂尊『ジーン・ワルツ』(新潮社刊)
監督大谷健太郎
脚本林民夫
製作廣田武仁、遠藤茂行、畠中達郎、川城和実、
重村博文、軽部重信、喜多埜裕明
プロデューサー松橋真三、野村敏哉
藤田大輔、平野宏治
音楽上田禎
主題歌小田和正「こたえ」(アリオラジャパン)
医療監修産婦人科クリニックさくら
助産婦指導山本弥生
産科・婦人科協力桜台マタニティクリニック
救急救命指導救急救命士 松浦善行
美術取材協力製マリアンナ医科大学産婦人科

キャスト

役名キャスト
曾根崎 理恵菅野美穂帝華大学病院産婦人科医師兼
マリアクリニック医師
東城大学医学部出身
清川 吾郎田辺誠一帝華大学病院産婦人科学教室准教授
屋敷西村雅彦帝華大学病院産婦人科学教室教授。
自分に楯突く人間は全て排除する
三枝 久広大森南朋極北市民病院産婦人科医。
マリアクリニック院長の息子。
妙高 みすず濱田マリマリアクリニック助産婦
甘利 みね子白石美帆マリアクリニックの患者。27才、胎内の赤ん坊に先天異常が見つかっている
甘利 健司音尾琢真
(TEAM NACS)
みね子の夫
荒木 浩子南果歩マリアクリニックの患者。39才、人工授精により妊娠
荒木 隆大杉漣浩子の夫
青井 ユミ桐谷美玲マリアクリニックの患者。20才、未婚のギャル
山咲 みどり風吹ジュンマリアクリニックの患者。55才、顕微授精により双子を妊娠している
三枝 茉莉亜浅丘ルリ子マリアクリニック院長。
末期の肺がん。
※原作とは異なります。

あらすじ

北海道極北市で産婦人科医をしている三枝久広(大森南朋)が、帝王切開を失敗し一人の妊婦を死なせてしまったため医療事故として逮捕される。

しかしその死は、1万回に1回おこるかおこらないかくらいの合併症が原因で、防ぎようのないものだった。

その頃理恵(菅野美穂)は帝華大学病院で勤務する傍ら、久広(大森南朋)の母、茉莉亜(浅丘ルリ子)が経営する「マリアクリニック」に、週に一度非常勤医師として勤務していた。

院長は末期の肺がん、息子も逮捕という状況の「マリアクリニック」は、今診療中の4人の出産が終わったら閉院予定。

その頃、理恵の同僚の准教授・清川吾郎(田辺誠一)は理恵が代理母出産に手を出したという不穏な噂を聞きつける。確かに患者の一人、山咲みどり(風吹ジュン)は55才。どこから見ても普通の妊娠とは思えない。

代理母出産というのは本当なのか?いったい誰の子供を産もうとしているのか?

4人の患者たち

ジーン・ワルツ
胚盤胞

甘利みね子(白石美帆)

27才、妊娠は順調だが胎内の赤ちゃんは「無脳症」であることがわかっている。「無脳症」の子は母親のお腹から出てしまえば生きることができない。

夫婦の出した結論は中絶ではなく「5分でも良いからこの子に光を見せてあげたい」と産む決心をするのだった。

荒木浩子(南果歩)

39才。5年前から不妊治療を続けているがことごとく失敗。これが最後のチャンスとして挑んだ人工授精で妊娠。比較的高齢なため、急遽帝王切開になる場合もあると告げられるが、「赤ちゃんに会えるならなんでもします」と。

泣き虫の夫(大杉漣)と一緒に出産の日を心待ちにしている。

青井ユミ(桐谷美玲)

20才のギャル。予定外の妊娠でマリアクリニックに来院。「さっさとおろして(中絶して)!」と理恵に当たり散らす。相手の了承も必要だと説得するも聞く耳持たず。

一度は「他の病院で手術するから!」と飛び出していくも、みね子(白石美帆)の話を聞くうちに命について考えるようになり「自分も産みたい」と。

山咲みどり(風吹ジュン)

55才。顕微授精により妊娠。10週目の検査で2つの着床を確認。つまり「双子」だってこと。実は、この患者は清川(田辺誠一)の指摘どおり「代理母」だった。

代理母出産であることはもちろん本人も納得しているし、一度出産も経験しているから表情は明るい。

双子というのがちょっと想定外だったが「計画が成功する日」を心待ちにしている。

理恵の過去

理恵は過去に、夫との子供を妊娠中に子宮がんが発覚。その際、子宮と卵巣の摘出手術をしたのが清川(田辺誠一)だった。

進行がんだったため子宮を摘出するのはやむを得なかったとはいうものの、事実上赤ちゃんを殺したことに間違いはない。

その際、理恵は清川に「卵巣を保存してほしい」と懇願。その後、離婚した理恵は何度か清川と関係を持っている。

ちなみに理恵の旧姓は「山咲理恵」。

映画「ジーン・ワルツ」はどこで見られる?

映画「ジーン・ワルツ」は動画配信されていませんが、TSUTAYA DISCASのお試し期間を利用して無料で見ることが出来ます。

\ CDも借り放題 /
TSUTAYA DISCASのおすすめポイントはこちらから

「医療ドラマまにあ」としての感想

ジーン・ワルツ
ロケ地:神奈川県立相模原公園

理恵は、日本で認められていない出産方法に手を染めたり、患者に肩入れせず冷静な診察をすることから「クール・ウィッチ(冷徹な魔女)」などとも呼ばれており、一見ただの冷たい女医のようなイメージですが、本当はただ子供が産めない人たちに赤ちゃんを届けたいだけ。

彼女が日本では認められていない出産方法に手を染めたのは、医療制度や産科医不足の現状を変えるのが自分の使命だからと言うものの、女として子供を産みたい、母親になりたいという気持ちと、何より自分の都合で見殺しにしてしまった赤ん坊への懺悔だと思えるのです。

(みなさんもうお気づきかと思いますが…)子供を産めない理恵がとった最終手段には賛否両論あるものの、そこには間違いなくかけがえのない命が存在し、4人の患者たちもそれぞれの幸せを手にします。

現実に、多くの日本人が海外で代理母出産を利用して夢を叶えていますからね。

「個人の幸せはシステムが作るわけじゃない」という理恵の言葉もあるように、どちらかというと頭の固い日本の医療制度に一石を投じる作品になったことは間違いないでしょう。

それにしても、赤ちゃんを見るだけでなぜこんなに涙が出るんだろう…。

\ 医療ドラマには愛がある /

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました